夏バテで内臓ぐったり代謝アップで元気に

残暑きびしい時期ですが、夏バテしていませんか。暑さが自律神経を乱し、冷たい物ばかり口にするループにはまります。これが夏バテの正体。内臓が冷えて、体の熱が取れない状態です。このままでは体調が悪くなってしまいます。アイスなどの冷菓も体調が良くなるまで我慢。食事に気を付けて代謝をアップ。内臓を元気にして夏バテを解消しましょう。

冷たいものを取らない・朝ご飯を食べよう管理栄養士のキャリアが長く、さまざまな人に健康のアドバイスをしている川端さん管理栄養士のキャリアが長く、さまざまな人に健康のアドバイスをしている川端さん

冷たい物をとり過ぎて胃や腸の機能が落ちています。動きが鈍いので「何も欲しくない」状態に陥るのです。

「内臓を目覚めさせるのは朝ごはんを食べること。基礎代謝が上がり体温をより高く維持できるので、1日トータルの代謝が違ってきます」というのは奈良県健康づくりセンター健康指導課保健指導係、管理栄養士の川端麻弓さん(45)。

朝ごはんはバナナでも他のフルーツでも、カロリーのあるものを食べること。卵かけご飯、鮭おにぎりなど、ご飯とタンパク質を取るとより体温が上がります。

旬の夏野菜はビタミン、ミネラルが豊富です。おすすめは、疲労回復効果のあるビタミンB群が含まれる豚肉、枝豆を夏野菜と食べる冷しゃぶサラダ。豚肉はバラよりロースの方が、脂肪分が少ないのでおすすめです。

夏バテの症状は様々ですが栄養バランスのとれた食事や温かい飲み物を意識しましょう。もしそれでも体調が改善しないようなら、体のどこかに病気が潜んでいることも考えられ、かかりつけ医等の医療機関に行くことをすすめています。

薬膳の考え方で改善・夏は心臓の負担が大サロンのセミナーで薬膳の良さを伝えている立石さんサロンのセミナーで薬膳の良さを伝えている立石さん

夏の暑さは五臓のなかでも心臓に負担がかかる季節です。夏バテは心臓と他の臓器も影響しています。まず心臓から元気にしましょう。

「夏の薬膳では苦味のある食材を積極的に取り入れます。苦味は疲れた心臓を養い、体内にこもった余分な熱(ほてり、のぼせ)と余分な水(むくみ)を取り除きます。代表的な苦味食材はゴーヤ、レタス、セロリ、緑茶があります」と薬膳美容アドバイザーサロンouka主宰の立石明巳さん(40)は話します。

さらに気のめぐりをよくするソバや、カレーに入っているスパイス類、発汗による乾燥を防ぎ体内をうるおす豚肉。こもった熱を取り除く豆腐も取り入れると良いでしょう。冷やっこにそえる薬味には内蔵を温め、気の流れを良くします。季節の食材は夏を乗りきるのに必要です。

また香りを持つスダチ、ラッキョ、キンカン、ジャスミン茶なども心臓を助けます。食事ではありませんが、アロママッサージも心臓に良いのです。そして貝類のエキスも滋養におすすめしています。

トウモロコシご飯

副菜・ミョウガ、キュウリ、ワカメの酢の物は梅酢、有機りんご酢など、しょう油少々で味を整える。肺が弱る時期でもあるのでごぼう人参、レンコンの炒り煮も添えて。これ以外ではトマトの塩麹漬けもミネラルを補給できる

冷しゃぶサラダ

冷しゃぶサラダは、黒ごまをすって作ったゴマだれ。黒ごまは心臓にいいとされている。また塩麹、甘麹なども入れる

ナスとトマトの和え物

ナスとトマトの和え物は、まずナスをゴマ油で炒めて次にトマトを炒める。しょう油と酢(各大さじ1)と合わせて冷蔵庫に入れる。食べる時にゴマ、ミョウガ、大葉をトッピング

厚揚げとキャベツのオイスターソース炒め

厚揚げとキャベツのオイスターソース炒めは、厚揚げ、キャベツ、ピーマンはひと口大にしてゴマ油で厚揚げを先に炒め、全部に火が通ったらオイスターソース(大さじ1半)、しょう油(大1)、砂糖(小1)、おろしニンニクとおろしショウガは1gを合わせた調味料を入れてできあがり

このページの内容は2018年8月17日現在のものです。





Web版リビングダイヤル 【 お知らせ 】  結婚相談は ひらはたへ 広告掲載案内

トップページ会社概要広告の掲載事業紹介ご利用の注意事項サイトマップお問合せ


当ホームページが提供する情報・画像を、権利者の許可なく複製、転用、販売することを固く禁じます。
このページのTOPへ