1. 参加イベント
  2. ブラッシュアップセミナー
  3. 編む瞑想~糸かけ曼荼羅作りと聖林寺「秘宝・マンダラ展」鑑賞

EVENT

編む瞑想~糸かけ曼荼羅作りと聖林寺「秘宝・マンダラ展」鑑賞/桜井市

自分と向き合い、心を癒やす

 糸掛け曼荼羅とは、ピンに糸をかけ、幾何学模様を作っていく装飾アート。一かけ一かけ、無心になって糸をかけていく行為は瞑想のごとく、精神を落ち着かせ心を癒やします。
 今回は、この「編む瞑想・糸掛け曼荼羅」を桜井の聖林寺で開催。併せて、1年に1度だけ公開される「秘宝・マンダラ展」を倉本明佳住職のお話と共に鑑賞いただきます。「観音浄土補陀落山図」(南北朝時代)など寺宝・約13幅は必見です。なお、ご参加者には薬膳料理研究家・倉英子さん特製の薬膳茶のプレゼントもあります。寺の境内から望む奈良盆地は晩秋の彩り。静寂に包まれた古刹で、自らと向き合いながら、心の声をきいてみましょう。

◆定員/18人
◆講師/糸かけ曼荼羅教室「絆」主宰の林由佳さん

お申込案内

日時

11月29日(月)
13時~15時30分

場所

聖林寺(桜井市下692)
※近鉄・JR桜井駅からバス。聖林寺バス停下車すぐ。駐車場あり。

料金

4500円(材料費・拝観込み・薬膳茶のお土産付き)

申込状況

申込受付中

関連イベント