1. マガジン
  2. 特集
  3. 毎日食べたい推しパンとお菓子

MAGAZINE

 / 特集

毎日食べたい推しパンとお菓子

 小麦粉の風味を最大限生かし、深みのある味に仕上げるパンやお菓子の作り手たち。一つひとつに思いをこめたその味は、一度食べたら忘れられません。すでにリピーターを多く抱えるとっておきの店を紹介します。

目次

PEAKS BEIGNET(ピークスベニエ)【奈良市】

軽い食感のベニエ できたてを味わって

 ベニエとはフランス生まれアメリカ育ちの穴の開いていないふわふわのドーナツ。同店のベニエは長時間発酵させたオリジナルの生地を使用。外はサクッ、中はふわふわの食感。プレーンベニエは400円(1人前3個)。

 

日常的に訪れたい店 おやつに軽食に最適

 主な材料は北海道産小麦粉、キビ砂糖、卵。長時間低温発酵した生地をこめ油で揚げていきます。ルビーチョコレート、レモンとクリームチーズ、2種のチーズなどトッピング別のメニューがあります。サクッ、フワッのできたてベニエの食感は格別。その食感を味わってほしいから、できるだけイートインをおすすめしています。またドリンクも充実。食物繊維のイヌリンを豊富に含むチコリコーヒー、手作り酵素シロップソーダもあります。

 近鉄奈良駅から徒歩約15分にある同店。「気軽に道すがら寄ってもらえれば」と店主は話します。

 

大きな窓、自然素材のインテリア。
落ち着いた空間になっている。

 

PEAKS BEIGNET(ピークスベニエ)

住所

奈良市高畑町1002

TEL

050・7132・0084

SNS

  • Instagram

営業時間

12時~18時

定休日

不定休

駐車場

なし。(近隣の有料駐車場を利用)

地図

地図を見る

 

グリルサンド専門店 BAKU.SAND(バク・サンド)【奈良市】

ボリュームたっぷり 断面にもわくわく

 一番人気はバクザビーフ1100円。牛肉100%と玉ねぎだけを使った食べ応えのあるパテイと、チーズ、トマト、グリーンリーフを一緒にサンドしたボリュームたっぷりのサンドイッチ。

 

昼はサンドイッチ専門店 夜はもんじゃ焼き

 もんじゃ焼きに使う鉄板を生かしたグリル系サンドイッチを販売しています。鉄板は、熱の通りが均一で、ムラなく焼きあがるのが特徴で、サンドイッチに使う山形食パンは、外はカリっと、中はふわっともちもちの食感を楽しめます。

 オイルで低温調理したプリっと食感のエビとアボカドをたっぷり挟み、バジルソースで風味付けしたエビとアボカドサンド880円は、女性に人気の商品。チーズ好きの人には、5種類のチーズをたっぷりと挟んだバクザチーズ1000円がおすすめです。

 

商店街通りにある路地を奥へ通り抜けると2階へ上がる階段がある。

 

グリルサンド専門店 BAKU.SAND(バク・サンド)

住所

奈良市小西町2-1 2F

TEL

070・1276・5744

SNS

  • Instagram

営業時間

11時30分~15時

定休日

月曜定休(臨時休業の場合あり)

駐車場

なし(近隣の有料駐車場を利用)

地図

地図を見る

 

ESORA BAKERY(エソラベーカリー)【奈良市】

もちもちふわふわパン 楽しいなと思える品を

 次々と焼いてできたてを販売しているが、昼過ぎにはほとんど完売する。1番人気の牛肉カレーパンは292円、バナナとモンキーナッツが281円。40時間発酵してつくる山形食パンは1.5斤の大きさで702円。

 

おかずやスイーツ多くイートインもスタート

 エソラベーカリーは和歌山店に続いてオープンした2号店です。12月に登場した山形食パンは外はサクサク、中はモチモチ。また特殊な発酵方法のレスペ生地を使ったショコラベリーレーズン、ほうじ茶クリームなどは、素材の味を引き立てつつ、小麦粉とは思えないほどモチモチ感が特徴的です。常時約40種類のパンが並ぶ。ドーナツも専門とあってドーナツのコーナーもあります。

 さらに1月末に同店内ベーカリーレストランがグランドオープン。フレンチトースト、ハンバーガー、またパンに合う料理を提供しています。

 

入口を入ると目の前がキッチン。
次々と焼いている様子が分かる。

 

ESORA BAKERY 奈良三条大路店(エソラ ベーカリー) 

住所

奈良市三条大路4-1-20

TEL

0742・36・1029

SNS

  • Instagram

営業時間

9時~18時

定休日

不定休

駐車場

あり

地図

地図を見る

 

HESTIA BAKERY(ヘスティアベーカリー)【生駒市】

食べたいパンがある店 いろいろな味を楽しもう

 老若男女問わず好みのパンがあるように50~60種類のパンがある。生で食べてほしい山形食パンは670円。トーストして食べてほしいホワイトブレッド(角食パン)570円。塩パン95円。ピスタチオ味のコルネ200円。

 

家族みんなが訪れる 親しみやすい街のパン屋

 昨年6月にオープン。地域の人に「ここにパン屋があって良かった」と思ってもらえることを目標に、子どもから大人、年配者が好みそうな味まで、パンの種類を多くしたという店主。ベースになる生地は9種類。まだまだ増やしたいそうです。生地の発酵状態は手の感覚だけで確かめて、いつも同じ味に仕上げています。

 入店者をキッチンからすぐ確認できるように、売り場の開口部を大きくとっています。同店は「いってらっしゃい」「お疲れさまでした」という言葉がたくさん聞こえます。地域の人に寄り添ったアットホームな雰囲気を大切にしているのです。

 

「いってらっしゃい」が言いたくて朝7時からオープンしている。

 

HESTIA BAKERY(ヘスティアベーカリー) 

住所

生駒市松美台115-1

TEL

0743・85・5703

SNS

  • Instagram

営業時間

7時~18時

定休日

日・月曜日

駐車場

あり

地図

地図を見る

 

Gold Baker(ゴールドベイカー)【天理市】

ドッグやサンドなど 総菜系パンが豊富

 通勤通学の人が購入できるようにと、開店時間は7時15分。昼食にうれしいサンドイッチやドッグなど総菜系のパンを豊富に用意。ハード系、スイーツ系を合わせて、多い時で約50種類のパンが並ぶ。

 

総菜からスイーツまで できる限り自家製で

 「お客さんのパン購入リストの中に、ゴールドベイカーのパンが1種類でもランクインできればうれしいです」と店長の屋宜舞香さん(39)。一番のおすすめは3種類あるベーグルサンド。BLT(ベーコン・レタス・トマト)サンド、照り焼きチキンサンド、コロッケサンドは各216円。店内で揚げたてのカツを挟んだ、大和ポークのカツドッグ216円も人気です。

 あんこやクリームも全て自家製。デニッシュなどスイーツ系も充実していて、こだわりのタルト生地を使った季節のタルトは1日個数限定なので、予約がおすすめです。

 

昨年4月に国道169号(天理街道)沿いにオープンしたばかりの店。

 

Gold Baker(ゴールドベイカー)

住所

天理市別所町81-1

TEL

0743・25・1491

SNS

  • Twitter
  • Instagram

営業時間

7時15分~18時30分

定休日

毎週月曜、第3火曜日

駐車場

あり

地図

地図を見る

 

食パン専門店 デアイ・ザ・ベーカリー 奈良店【田原本町】

こだわりの食パンと季節のフルーツサンド

 上質な素材をぜいたくに使った食パン626円(1本・1斤半サイズ)と、その日焼き上がった食パンに、季節の新鮮なフルーツを挟んだいちごサンド600円などのフルーツサンドを販売。果物は季節により変わる。

 

農産者や産地にこだわり その日仕入れた果物で

 大阪にある2店舗に続き、昨年3月奈良店がオープン。「上質な素材にこだわった食パンとの出会い」を提供したいと、カナダ産最高級小麦と北海道産高級生クリームなどを使い、耳まで柔らかい食感の食パンを作り出しています。
 もう一つの人気商品が農産者や産地までこだわった季節のフルーツをたっぷり使ったフルーツサンドです。同店でその日焼き上げた食パンに、高級生クリームをフルーツに合うよう配合して使用。新鮮なものを使うというこだわりのもと、その日に入荷されたフルーツを使うため日によって商品は異なり、毎日約10種類が並びます。

 

オープン以降、売り切れの日が続いているそう。
予約をすれば取り置きも可能。

 

食パン専門店 デアイ・ザ・ベーカリー

住所

田原本町阪手656-1

TEL

0744・32・8276

WEBサイト

https://www.deaithebakery.net/

SNS

  • Instagram

営業時間

9時~売り切れ次第終了
※取り置きは16時まで。

定休日

月曜日

駐車場

あり

地図

地図を見る

 

Humming Bakery(ハミングベーカリー)【香芝市】

店内すべて手作りで長く親しまれる店に

 パンは添加物を使わず、カスタードクリームやベシャメルソースなどもすべて手作りしている。クロワッサン250円、カルピスバターを使った塩バタークレッセント180円、いちごのデニッシュ350円、クリームパン210円。

 

毎日食べられるパンを 朝の通勤客にも対応

 神戸のパン屋で16年間パン職人として経験を積んだ川西章雄さん(41)が、絵を描くのが好きな妻の実可子さん(27)と昨年11月にオープン。パンはもちろん、棚などの什器も手作りで、内装のデザインは実可子さんが担当。壁も自分たちで塗ったそうです。開店当初は昼に商品がなくなることもありましたが、今は営業日をしぼって30~40種類と商品数をそろえ、夕方まで商品が並ぶようなりました。人気は自家製カスタードクリームのクリームパンやメロンパン。サンドイッチなど総菜系のパンも多くそろえています。食パンは2種類。クロワッサンも人気です。

 

通りに面した壁は全面ガラス張り。
通学中の子どもたちが「おいしそう」と外から覗いていくことも。

 

Humming Bakery(ハミングベーカリー)

住所

香芝市下田西2丁目2-51

TEL

0745・77・8755

SNS

  • Instagram

営業時間

7時~18時

営業日

月・水・金曜日 ※変更の可能性あり。

駐車場

あり(コーナンPRO内に共同駐車場あり)

地図

地図を見る

 

お菓子工房 かわい【香芝市】

素材との対話から始まるお菓子づくり SNSで最新情報発信

 季節のジャムや焼き菓子を販売。工房直売で月1回販売するカヌレはすぐに完売する。素材と対話しながら生み出されるお菓子は皆に笑顔を届ける。写真はクッキー缶3500円(受注生産)。過剰包装はしないため容器持参歓迎。

 

地域の人々に寄り添う工房 SDGsにも力を入れる

 「先ずは素材ありき。素材と対話し、ジャムであれば旬の果物を余すところなく使いきります」というオーナーパティシエの川合陽さん(42)。大阪あべの辻製菓専門学校で20年間助教授として指導。フランス校勤務の経験も持ちます。退職後、工房直売の店をオープン。焼きたて、作りたてを大切に、主にヨーロッパの焼き菓子や季節のジャムを販売します。販売情報はInstagramを中心としたSNSがメイン。クラシックな作り方のレシピを忠実に再現したカヌレは数分で100個完売というほど既にファンも多数。今後も月1回は新作菓子を発表していく予定です。

 

2020年8月オープン。
SNSで販売情報を確認してから来店するのがベター。

 

お菓子工房かわい

住所

香芝市尼寺2-55-2 シャトー泉1-C

TEL

090・6558・6360

WEBサイト

https://masaokoubou.com/

SNS

  • Facebook
  • Instagram

営業時間

12時~18時(なくなり次第終了)

定休日

月曜、水曜日
※イベント出店の場合休店。Instagramで確認のこと。

駐車場

あり

地図

地図を見る

 

スパイスとお菓子 すきずき【三郷町】

スパイスとハーブ 味と香りを楽しむ洋菓子

 約20種類のスパイスやハーブの中から、それぞれが持つ特性を引き出し、相性の良いものを組み合わせる。バターケーキのカルダモンとナツメグ250円は新しいけれどどこか懐かしい香りと味で、食べるチャイのような風味を楽しめる。

 

蓼(たで)食う虫も好き好き 人ぞれぞれの楽しみ方で

 アップルパイのシナモンなど、フレーバーが入っている菓子が大好きな守屋洋夏さん(32)が「スパイスとハーブの世界をもっと楽しんでもらいたい」と店をオープン。サブレやバターケーキなど、ベースの焼き菓子は同じでも、ブレンドしたスパイスやハーブが入ると、人によって甘味も香りも感じ方は全然違うところがスパイスの面白さ。味が想像できないものも、なぜかちょっと食べてみたくなりそう。
 「蓼(たで)食う虫も好き好き。人の好みもそれぞれ」と守屋さん。スパイス好きに出会うため、積極的にイベント出店しています。

 

店ではオリジナルブレンドティやスパイスの販売もしている。

 

スパイスとお菓子 すきずき

住所

三郷町2-15-33メゾン大和1F

TEL

0745・47・1834

SNS

  • Twitter
  • Instagram

営業時間

13時~19時

定休日

毎週日、月曜日、イベント出店日

駐車場

あり

地図

地図を見る

 

Maison Y(メゾン・イグレック)【吉野町】

フランス仕込みの味を 日替わりで多種類提供

 フランスでパンやお菓子作りを学んできたオーナーシェフが、リヨンのワイン畑に雰囲気の似た田園風景が広がる吉野町で2019年秋にオープン。長さ60cmのフランスパンなど、本場の味を提供している。

 

おいしさを追求 丁寧に作るパンや洋菓子

 「自分が納得した商品を提供し、喜んでいただける時が何よりの喜び」と話すオーナーシェフ。「一歩入れば、そこはフランス」をテーマに、防腐剤などは使わず、フランス産のヴァローナのクーベルチュールなど、材料や製造方法にこだわりを持って、丁寧に手作りしています。
 発酵バターを使ったクロワッサンやデニッシュ系のパンがそろう「クロワッサンの日」。プレミアム食パンを販売する「食パンの日」。ハード系の「フランスパンの日」、新作パンやキッシュ等が登場する「シェフ気まぐれメニューの日」と4種類を日替わりで提供。フランスパンや食パンは予約がおすすめです。

 

店の色はフランスで衝撃を受けたというタルトシトロンのレモン色から。
タルトも店で販売している。

 

Maison Y(メゾン・イグレック)

住所

吉野町平尾64番地2

TEL

0746・39・8018

SNS

  • Facebook
  • Instagram

営業時間

11時30分~17時 ※売り切れ次第終了。

定休日

月~水曜日
※詳しい予定はFB等にアップされるスケジュールで確認を。

駐車場

あり

地図

地図を見る

 

※このページの内容は2022年2月4日現在のものです。

関連記事


PR参加イベント:申込受付中


PRリビング通販:人気商品